ちょっと休憩【模型 F14 トムキャット】

簡易調査・情報


たまには制作から離れた内容で。アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社から「週刊 F-14 Tomcat(トムキャット)」が発売中です。↓クリックするとAmazonサイトへ飛びます。

週刊F-14 トムキャット 2015年 2/4 号 [雑誌]

新品価格
¥299から
(2015/2/17 10:19時点)

定期購読して毎回届く部品を組み立てて完成させる類の雑誌です。株式会社デアゴスティーニ・ジャパン(Deagostini)がやっている形態と同じ定期購読タイプですね。


初回は299円、以降1,790円。全100回の予定となっているので、合計177,509円なり~!

プラモデルと比べると100倍近い値段です!!


これだけ高価なのだから、やはりプラモデルにはない機能というか醍醐味が備わっています。

簡単にまとめると、


・雑誌なので毎回実機の解説文がある。

・映画「TOP GUN」のDVDがもらえる。

・「エアショー」のDVDがもらえる。

・遠隔操作(電動)でキャノピーとギヤが動く。

・尾翼照明灯、アフターバーナーがLED点灯。

・エンジン、ミサイル、機銃の音が出る。


などなど。紹介のムービーを見る限りですが、


・エンジンフィンが回る。

・フラップ類が動く。


というのもありそうです。プラモデルではさすがにできない機能が満載でこれを高いとみるかお得とみるかはお任せします。


トムキャットのプラモデルを作りたいなと思ってネットうろうろしてたら見つかりました。テレビを見ないので全然知りませんでした。

定期購読はこちらから↓

週刊F-14Tomcatサイトへ

私の場合は17万円超えは天文学的数字の領域なので、下のプラモデルで腕によりを掛けることにします。

1/72F-14A トムキャット (オツ線)"大西洋空母航空団"

↑クリックでAmazonサイトの詳細情報へ飛びます

トムキャットのプラモデルはたくさん出ていますが、それぞれ特徴(個人調べ)がありますので、自分の技量や好みにあったものを選ぶと良いと思います。1/72スケールに限り以下に簡単にまとめました。

1/72F-14A トムキャット【ロービジ】(←クリック詳細↓)

1/72F-14A トムキャット (ロービジ)

 ・ロービジ(地味な無彩色)

・凸モールド

・部品点数少なめ

・可変主翼可動

 

1/72F-14A トムキャット【ハイビジ】(←クリック詳細↓)

1/72F-14A トムキャット (ハイビジ)

・ハイビジ(派手な彩色)

・凸モールド

・部品点数少なめ

・可変主翼可動

 

1/72F-14A トムキャット【凹モールド】 

1/72F-14A トムキャット (オツ線)"大西洋空母航空団"

・凹モールド

・部品点数多め

・可変主翼は固定(開か閉かを選択式)

 

1/72 ウォーバードコレクション No.82 F-14A トムキャット 60782

1/72 ウォーバードコレクション No.82 F-14A トムキャット 60782

・中身はイタレリ社製

・凸モールド

部品点数少なめ

・可変主翼可動

ちなみに私の製作予定はハセガワの凹モールド。

初心者向けではなく難易度は高いですが、再現性が高いのと凹モールドがポイント。


ミニチュア石造りの家

ミニチュア模型で石造りの家を作っています。

 

クリスマス企画の作品なのですが、やはりクリスマスは和風よりも洋風かなと。

 

石積みの繰り返しパターンを作成中。


ヨーロッパの住宅はレンガや切り出した石の造りが多いね。


木よりも石が多く採れるんだろうか。


ランダムに見せるのは難しいね。


そういうヨーロッパの家がモチーフのミニチュア制作中です。


※写真はイメージです( ̄▽ ̄)